So-net無料ブログ作成

八重の桜 14話 4月7日 あらすじ [NHK 大河ドラマ 八重の桜 あらすじ]

八重の桜(14)「新しい日々へ」   2013年4月7日(日)

実家に嫁ぐのでは嫁入りの花嫁行列ができないと、会津藩の元家老の西郷頼母(西田敏行)のはからいで、八重(綾瀬はるか)は頼母の家から実家の山本家へ嫁ぐことになりました。

八重(綾瀬はるか)は、白無垢(しろむく)に身を包み、仲人の秋月(北村有起哉)に連れられて尚之助(長谷川博己)の待つ山本家の門をくぐります。

八重の見違えるような美しさに目を奪われた尚之助は、酒に弱いことも忘れて、婚礼の祝宴で酒を飲み過ぎて酔いつぶれてしまいます。

挙句の果てに、花嫁の八重が尚之助を担いで2人の新居に運び込む始末でした。
部屋には、京から覚馬(西島秀俊)が送ってくれた京紅が届いています。

目を覚ました尚之助は、自らの薬指に紅を取ると、そっと八重の唇に置きました。
☆新婚生活はどんな風なのでしょうね。楽しみです。

覚馬が送ってくれた京紅とは

紅花の色素を梅酢で分離した色素。本紅ともいう。古くは口紅としても使われ、特に上質のものは京都で精製されたため「京紅」とも呼ぶ。

紅花から分離した色素の溶液を、紅が退色しないように蓋が付いた白色の陶器の椀や猪口(伏せておけば光が入らないため)、あるいは貝殻に何度も塗り重ねて乾燥させた状態で販売されており、

上質のものは非常に高価で、『金一匁(もんめ)紅一匁』という言葉通り、同じ重量の金に匹敵する価値があるとも言われた。(ウィキペディアより)

現在もあるようですが安いですね。さくら柄を選びました⇓⇓


出演者:綾瀬はるか,西島秀俊,長谷川博己,風吹ジュン,松重豊,長谷川京子,剛力彩芽,市川実日子,芦名星,風間杜夫,佐藤B作,国広富之,津嘉山正種,六平直政,玉山鉄二,北村有起哉,斎藤工,池内博之ほか
原作・脚本:山本むつみ(出典:YahooTVG)
朝ドラ 大河ドラマ キャストへ
朝ドラ 大河ドラマ あらすじ トップへ
昼ドラ あらすじとキャストへ
ドラマ先取り日記へ
ニュース何でもへ

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

朝ドラ あまちゃん 6話 4月6日 あらすじ [NHK 連続テレビ小説 あまちゃん あらすじ]

連続テレビ小説 あまちゃん(6)「おら、この海が好きだ!」   2013年4月6日(土)


アキ(能年玲奈)は、引っ込み思案な自分の殻を打ち破ろうと、自ら海に飛び込んだのです。

警報を聞いて駆けつけた春子(小泉今日子)や夏(宮本信子)の前で、アキは「海女になりたい」と宣言します。
☆警報が鳴ったということは、洋服のまま飛び込んだのか、海水浴場でもなく海女が潜る所でもない海に飛び込んだのか。

アキの海女志望を、夏や町の人々は大喜びしますが、春子は反対します。
春子とアキは親子水入らずで話をし、そこで春子は自分の過去を初めて娘に語るのでした。

春子役・小泉今日子の出演作品⇓⇓ 
 
 


かつて、春子は周囲の期待を受けながら海女になることを拒み、家出同然で上京したのでした。
アキが初めて示した熱意を前に、春子が出した答えとは…。
☆何か条件をつけたのでしょうね。

出演者:能年玲奈,小泉今日子,宮本信子,杉本哲太,小池徹平,渡辺えり,木野花,美保純,片桐はいり,でんでん,蟹江敬三,有村架純
原作・脚本:宮藤官九郎(出典YahooTVG)
朝ドラ 大河ドラマ あらすじ トップへ
朝ドラ 大河ドラマ キャストへ
昼ドラ あらすじとキャストへ
ドラマ先取り日記へ
ニュース何でもへ

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

朝ドラ あまちゃん 5話 4月5日 あらすじ [NHK 連続テレビ小説 あまちゃん あらすじ]

連続テレビ小説 あまちゃん(5)「おら、この海が好きだ!」     2013年4月5日(金)

海の中に突き落とされるような祖母・夏(宮本信子)のしごきにも耐えて、アキ(能年玲奈)は夏の手伝いで、ウニ丼の車内販売もしていました。

そのときアキは、足立ユイ(橋本愛)と出会うのです。同じ高校2年生なのに、独特の雰囲気を持つユイにアキはひかれます。
☆今はまだ、高校2年生の夏休みですが、三陸の高校に転校するのでしょうか。

足立ユイ役・橋本愛の作品⇓⇓
 
 
 

一方、パチンコ屋では、母・春子(小泉今日子)が、ユイの兄ヒロシ(小池徹平)と出会っていました
☆おやおやお母さんはパチンコ三昧ですか。母子で同じ足立家と関わりができるとは、面白いですね。

ヒロシは東京で就職したものの、すぐに辞めて北三陸に戻り、今は漁港の監視小屋でアルバイトをしていたのです。

そこでヒロシはアキの思わぬ姿を目撃してしまいました。
☆どんな姿でしょう。 海に飛び込むのでしょうか。

出演者:能年玲奈,小泉今日子,宮本信子,杉本哲太,小池徹平,蟹江敬三,渡辺えり,木野花,美保純,片桐はいり,塩見三省,平泉成,橋本愛,荒川良々,菅原大吉
原作・脚本:宮藤官九郎(出典YahooTVG)
朝ドラ 大河ドラマ あらすじ トップページへ
朝ドラ 大河ドラマ キャストへ
昼ドラ あらすじとキャストへ
ドラマ先取り日記へ
ニュース何でもへ

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

朝ドラ あまちゃん 4話 4月4日 あらすじ [NHK 連続テレビ小説 あまちゃん あらすじ]

連続テレビ小説 あまちゃん(4)「おら、この海が好きだ!」 2013年4月4日(木)

海女になることを選んだアキ(能年玲奈)は、突然、祖母・夏(宮本信子)に海に突き落とされてしまいます。

ぐずぐずしていて、新しい一歩をなかなか踏み出せないアキに、「あれこれ考えるより、まずやってみろ」ということを伝えるため、夏が考えた秘策だったのです。

☆アキさんは泳げるのかしら、それにしてもいきなり突き落とすとは乱暴ですね。

アキは、引っ込み思案で、東京では学校や友人となじめず、そのことで母・春子(小泉今日子)と父・正宗(尾美としのり)の関係も冷え込んでいたのでした。

アキが海の気持ちよさに感動していると、その様子を目撃した春子は激怒して、また何かを仕掛けるようです。

☆おばあちゃん、きびしいですね。アキさんかなりしごかれそうです。それで良い海女になるのでしょう。
でもこの物語は、人生の甘えん坊、甘ちゃんだったヒロインが成長していく物語だから、仕方ないようです。

あまちゃんと言う名前が海女ちゃんという意味と人生の甘えん坊の甘ちゃんを兼ねているとは面白いですね。

トマトにも甘ちゃんの名前がありました。⇓⇓

出演者:能年玲奈,小泉今日子,宮本信子,杉本哲太,小池徹平,渡辺えり,木野花,美保純,片桐はいり,吹越満,橋本愛,有村架純,荒川良々,安藤玉恵
原作・脚本:宮藤官九郎(くどう かんくろう)
(出典YahooTVG)
朝ドラ 大河ドラマ あらすじ トップページへ
朝ドラ 大河ドラマ キャストへ
昼ドラ あらすじとキャストへ
ドラマ先取り日記へ
ニュース何でもへ

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

朝ドラ あまちゃん 3話 4月3日 あらすじ [NHK 連続テレビ小説 あまちゃん あらすじ]

連続テレビ小説 あまちゃん(3)「おら、この海が好きだ!」  2013年4月3日(水)


北三陸市に残ることにしたアキ(能年玲奈)は、りりしい祖母・夏(宮本信子)にますますひかれていきます。

夏は、海女として漁に出ながら、駅弁「ウニ丼」を作り、さらには喫茶店とスナックのママを兼ねるという一人何役もこなす頑張りやさんなのです。

☆ときどきこういう女性がいますよね。体力、知力、プラスアルファが必要なのだと思われます。

一方、母・春子(小泉今日子)は相変わらず夏とうまくいかず、居心地の悪い思いをしていましたが、幼なじみの大吉(杉本哲太)ら町の人々に少しずつ打ち解け始めます。
☆よかったです。お母さんもずっと北三陸に残るのかしら。

そんなとき夏が思わぬ行動に出るのです。
☆さて、何をするというのでしょう。お楽しみですね。

祖母役の宮本信子といえばこれです⇓⇓


出演者:能年玲奈,小泉今日子,宮本信子,尾美としのり,杉本哲太,小池徹平,渡辺えり,木野花,美保純,片桐はいり,吹越満,塩見三省,荒川良々
原作・脚本:宮藤官九郎(出典YahooTVG)
★宮本信子の出演作品をもっと見る>>楽天サイト★


朝ドラ 大河ドラマ あらすじ トップページへ
朝ドラ 大河ドラマ キャストへ
昼ドラ あらすじとキャストへ
ドラマ先取り日記へ
ニュース何でもへ


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

朝ドラ あまちゃん 2話 4月2日 あらすじ [NHK 連続テレビ小説 あまちゃん あらすじ]

連続テレビ小説 あまちゃん(2)「おら、この海が好きだ!」     2013年4月2日(火)

アキ(能年玲奈)は、目の前でウニを取る海女が、祖母・夏(宮本信子)であることを知り驚きます。夏が危篤という知らせは、春子の幼なじみの大吉(杉本哲太)が、春子(小泉今日子)を町に呼び戻すためについたウソだったのです。

北三陸駅の駅長になった大吉は町おこしに燃えていて、「引退宣言した夏に代わって、海女になってくれ」と春子に頼みます。
☆海女になるのがいやで家出をしていた春子が、すんなりその提言を受け入れるわけがありませんね。

24年ぶりに顔を合わせた夏と春子は、ぎくしゃくしたままで、口論の末、春子はアキを連れて東京に帰ろうとします。
☆しかし、アキが海女になると言い出すのです。

出演者:能年玲奈,小泉今日子,杉本哲太,渡辺えり,木野花,美保純,片桐はいり,蟹江敬三,有村架純,北見敏之
原作・脚本:宮藤官九郎(出典YahooTVG)
朝ドラ 大河ドラマ あらすじ トップページへ
朝ドラ 大河ドラマ キャストへ
昼ドラ あらすじとキャストへ
ドラマ先取り日記へ
ニュース何でもへ

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

朝ドラ あまちゃん 1話 4月1日 あらすじ [NHK 連続テレビ小説 あまちゃん あらすじ]

連続テレビ小説 あまちゃん(1) 「おら、この海が好きだ!」 2013年4月1日(月)

NHKドラマ初執筆の 宮藤官九郎が、故郷・東北を舞台にオリジナルで描く人情喜劇だそうです。
東日本大震災にあった故郷を元気づけるドラマになるといいですね。
宮藤官九郎さん気合いが入っているようです。

私の故郷も東北青森県で、実家へ行くときは、必ずというほど岩手県北三陸市を訪れましたから、なんだかとても懐かしい気持ちです。
ヒロインの笑顔が、見られる朝が楽しみです。
NHKドラマ・ガイド【1000円以上送料無料】連続テレビ小説 あまちゃん 1/宮藤官九郎

あらすじ

2008年夏、今から5年前、高校2年生の夏休みに、ヒロイン天野アキ(能年玲奈)は、母・春子(小泉今日子)の故郷・岩手県北三陸市を初めて訪れます。

春子は、高校生のときに家出して上京したきりでしたが、「母危篤」の知らせを受け、24年ぶりに娘を連れて故郷に戻ってきたのです。
東京育ちのアキには、風景や人々の言葉など、北三陸のすべてが新鮮に映ります。

☆北三陸はそれはそれは景色の良いところですから、東京から来たら、新鮮でしょうねえ。

最も衝撃を受けたのは、さっそうと海に潜る海女の姿でした。しかしそれは危篤のはずの祖母・天野夏(宮本信子)だったのです。

☆よく使う手ですが、春子を呼び寄せる嘘だったのです。

宮藤官九郎の作品⇓⇓

出演者:能年玲奈,小泉今日子,宮本信子,杉本哲太,渡辺えり,木野花,美保純,片桐はいり,吹越満,でんでん,塩見三省,有村架純,安藤玉恵,北見敏之,東出昌大
原作・脚本:宮藤官九郎(出典YahooTVG)

朝ドラ 大河ドラマ あらすじ トップページへ
朝ドラ 大河ドラマ キャストへ
昼ドラ あらすじとキャストへ
ドラマ先取り日記へ
ニュース何でもへ

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

八重の桜 13話 3月31日 あらすじ [NHK 大河ドラマ 八重の桜 あらすじ]

八重の桜  (13) 「鉄砲と花嫁」    2013年3月31日(日)

京都守護職で公用方に任命され、諸藩との交渉に当たっていた秋月(北村有起哉)は、都から戻ると、八重(綾瀬はるか)と尚之助(長谷川博己)に、覚馬(西島秀俊)からの伝言を伝えます。

それは、一旦勧めた縁談を取り消し、尚之助に他藩への移籍を促すものでした。
会津藩が孤立する危険を感じた覚馬が尚之助を会津に縛り付けないようにとの配慮からでしたが、尚之助は怒り、八重も動揺します。

☆八重が動揺するということは、尚之助を本当は好きなことに気付いたことの証ですね。

数日後、尚之助は新式銃を完成させ、八重に求婚し、八重もそれを受け入れることになります。
☆どんな言葉で求婚をするのでしょう。楽しみです。

一方、都では、西郷(吉川晃司)の変心により、長州攻めが中止となり、会津藩は出鼻をくじかれ、孤立への道をたどり始めます。

出演者:綾瀬はるか,西島秀俊,長谷川博己,風吹ジュン,松重豊,長谷川京子,剛力彩芽,玉山鉄二,北村有起哉,斎藤工,中村獅童,市川実日子,池内博之,佐藤B作,岡田義徳,綾野剛,小泉孝太郎,吉川晃司ほか
原作・脚本:山本むつみ(出典:YahooTVG)
朝ドラ 大河ドラマ あらすじ トップへ
朝ドラ 大河ドラマ キャストへ
昼ドラ あらすじとキャストへ
ドラマ先取り日記へ
ニュース何でもへ

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

あまちゃん 第1週 あらすじ [NHK 連続テレビ小説 あまちゃん あらすじ]

第1週 4月1日(月)~4月6日(土) 「おら、この海が好きだ!」

今から5年前の2008年夏休み、高校2年生の天野アキ(能年玲奈)は、母・春子(小泉今日子)の故郷である岩手県北三陸市にやって来ます。

アキの祖母・天野夏(宮本信子)が危篤との知らせを受け、母の春子は娘を連れて24年ぶりに故郷を訪れたのです。
実は、春子は海女になるのを嫌い、高校生のときに家出同然で上京したきりだったのでした。

東京育ちのアキには、三陸のすべてが新鮮に映り、最も衝撃を受けたのはさっそうと海にもぐる海女の姿でした。
しかしそれはなんと、危篤のはずの祖母・夏ではありませんか。

実は夏が危篤という知らせは、春子を町に呼び戻そうと企てた幼なじみで北三陸駅の駅長・大吉(杉本哲太)が嘘をついたのです。
大吉は町おこしに燃えていて、「海女引退を宣言した夏の後継者に春子を」と思いついたのでした。

しかし、24年ぶりに顔を合わせた夏と春子は、すんなりとはいきません。
口論のあげく、春子は東京に帰ろうとしますが、アキは町に残ることを選ぶのです。
☆おやおや、高校はどうするのかしら。卒業してからでもいいでしょうに。

そしてアキは「海女になりたい」と宣言します。夏や町の人々は大喜びですが、春子だけは反対です。
春子とアキは親子二人で話をし、春子はかつて、周囲の期待を受けながら、海女になることを拒み、家出同然で上京した自分の過去を初めて語ります。

それでも「海女になる」という娘のアキが初めて示した熱意に春子は、ある条件を出すのです。
☆どんな条件でも、今のアキの熱意は冷めないようです。(NHKオンラインより)

朝ドラ 大河ドラマ あらすじ トップページへ
朝ドラ 大河ドラマ キャストへ
昼ドラ あらすじとキャストへ
ドラマ先取り日記へ
ニュース何でもへ

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

朝ドラ 純と愛 151話 最終回 3月30日 あらすじ [NHK 連続テレビ小説 純と愛 あらすじ]

連続テレビ小説 純と愛(151)ー終ー「いきる」  2013年3月30日(土)

ホテルをオープンすると決意した純(夏菜)のところに、正(速水もこみち)とマリヤ(高橋メアリージュン)、蘭(映美くらら)、そして羽純(朝倉あき)が戻って来ます。

皆この時を待っていたのです。
「たとえ愛(風間俊介)が目覚めなくても、これからは決して下を向かず、胸を張り、愛する人を守りながら、自分の信じた道を命懸けで進もう」と純は決心して、改めて自分の決意と愛情を愛に伝え、そっと愛にキスするのでした。

☆ここで、眠り姫は目覚めるのです。愛も目覚めて最終回を迎えて欲しいですね。

 
 


出演者:夏菜,風間俊介,森下愛子,速水もこみち,高橋メアリージュン,朝倉あき,映美くらら,吉田妙子,岡田篤哉
原作・脚本:遊川和彦(出典:YahooTVG)
朝ドラ 大河ドラマ あらすじ トップページへ
朝ドラ 大河ドラマ キャストへ
昼ドラ あらすじとキャストへ
ドラマ先取り日記へ
ニュース何でもへ

コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。