So-net無料ブログ作成

朝ドラ 花子とアン あらすじ  第6週 33話 5月7日(水) [NHK 連続テレビ小説 花子とアン あらすじ]

連続テレビ小説 花子とアン(33)「腹心の友」 2014年5月7日(水)

兄の晶貴(飯田基祐)から、葉山家を救うために見合いをしてくれと懇願され、
蓮子(仲間由紀恵)は絶句してしまいます。
☆ひどい義兄のようですね。じゃま扱いしていたのに、今度は利用しようとは。


そのころはながアルバイトをしている出版社では、その日入稿予定の原稿が
燃えてしまうというアクシデントが起きました。
☆それは大変。

社員たちが途方に暮れる中、はな(吉高由里子)が翻訳を買って出ます。
☆翻訳原稿のようです。

はな役・吉高由里子の作品⇓⇓


しかし肝心の英和辞典が持ち出されていてはなは翻訳ができません。
村岡英治(鈴木亮平)は修和女学校の辞書を借りようと飛び出して行きますが、

はなは、女学校が男子禁制だったことを思い出します。
☆後を追いかけるのでしょうか。

出演者:吉高由里子,仲間由紀恵,ともさかりえ,近藤春菜,トーディ・クラーク,鈴木亮平,藤本隆宏,飯田基祐,吉田鋼太郎,

語り:美輪明宏、原案:村岡恵理、脚本:中園ミホ(出典:YahooTVG)

朝ドラ 大河ドラマ 簡単あらすじトップへ


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

朝ドラ 花子とアン あらすじ  第6週 5月6日(火) [NHK 連続テレビ小説 花子とアン あらすじ]

連続テレビ小説 花子とアン(32)「腹心の友」 2014年5月6日(火)

はな(吉高由里子)がアルバイトを始めた出版社の編集長である梶原(藤本隆宏)と
富山(ともさかりえ)先生が密会しているのをはなが目撃してしまいます。

☆おやおや富山先生にもそんなことがあるのですね。

醍醐(高梨臨)によって、かつて恋人同士だった二人のうわさは学校中に広まってしまうのです。
☆はなが醍醐に話したのでしょうか?
どうして2人は一緒になれなかったのでしょう?気になります。

一方出版社では、はなは村岡英治(鈴木亮平)の提案により
翻訳の手伝いを任されることになります。

それを聞いた蓮子(仲間由紀恵)は喜こんで、はなにあるペンネームを授けます。
☆安東花子でしょうか。とにかく花子がつくのでしょうね。

村岡英治役・鈴木亮平の作品⇓⇓

そんな折り、蓮子の兄・晶貴(飯田基祐)が蓮子に面会にきて思いもよらぬ行動に出ます。
☆お見合いの話のようです。

出演者:吉高由里子,仲間由紀恵,ともさかりえ,浅田美代子,高梨臨,鈴木亮平,藤本隆宏,飯田基祐,
語り:美輪明宏、原案:村岡恵理、脚本:中園ミホ(出典:YahooTVG)

朝ドラ 大河ドラマ 簡単あらすじトップへ



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

朝ドラ 花子とアン あらすじ  第5週 31話 5月5日(月) [NHK 連続テレビ小説 花子とアン あらすじ]

NHK 連続テレビ小説 花子とアン(31)「腹心の友」 2014年5月5日(月)

ロミオとジュリエットの劇によって
はな(吉高由里子)と蓮子(仲間由紀恵)は、「腹心の友」となり、

2人は年齢差があるにもかかわらず、好きな文学や将来の夢を
日々語り合っていました。
☆真逆の2人の環境に興味が尽きないのかも知れません。

茂木(浅田美代子)先生の紹介で、はなは
梶原(藤本隆宏)が編集長を務める
出版社でアルバイトを始めます。
☆実家を少しでも助けようとのことでしょう。

初めは戸惑ってばかりのはなでしたが、
書棚の一番上の大きな英和辞典に目が
くぎづけとなります。

☆自分専用の辞書が買えないで図書館で調べている
はなですからね。

休憩時間、はながその英和辞典を取ろうと
四苦八苦していると、
一人の男性が近づいて来ます。

☆いよいよ将来の夫との出会いです。
実際にもこういう出会いだったのでしょうか。

その男性は印刷会社に勤める村岡英治(鈴木亮平)でした。
☆本名は村岡儆三です。

村岡英治役・鈴木亮平の作品⇓⇓


出演者:吉高由里子,仲間由紀恵,ともさかりえ,浅田美代子,高梨臨,トーディ・クラーク,藤本隆宏,鈴木亮平,
朝ドラ 大河ドラマ 簡単あらすじトップへ



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

朝ドラ 花子とアン あらすじ  第5週 30話 5月3日(土) [NHK 連続テレビ小説 花子とアン あらすじ]

NHK 連続テレビ小説 花子とアン(30)「波乱の大文学会」 2014年5月3日(土)
はな(吉高由里子)は開幕直前、蓮子(仲間由紀恵)から驚きの過去を告白され、
衝撃をうけます。

そのため、はなは舞台に飛び出して行った蓮子を、祈るようなまなざしで見守るのです。
☆どんな過去なのでしょう。出戻りというのは知っていますが。

客席には蓮子の宿敵とも言える兄・晶貴(飯田基祐)の姿があり、
蓮子はジュリエットのセリフに思いの丈をのせて、晶貴にぶつけてゆくのです。
☆その言葉が兄には通じるのでしょうか。疑問ですが。

物語は進み、急きょはなが演じることになった小間使いの出番になります。
しかしはなは緊張のあまり転んでしまい、
大事な小道具の薬瓶をほうり投げてしまうのです。

☆大事な薬瓶を放り投げてしまってどうなるのでしょう。
蓮子がうまく取り繕うのではないでしょうか?

出演者:吉高由里子,仲間由紀恵,ともさかりえ,浅田美代子,高梨臨,近藤春菜,トーディ・クラーク,飯田基祐,
語り:美輪明宏、原案:村岡恵理、脚本:中園ミホ(出典:YahooTVG)

朝ドラ 大河ドラマ 簡単あらすじトップへ


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

朝ドラ 花子とアン あらすじ  第5週  29話 5月2日(金) [NHK 連続テレビ小説 花子とアン あらすじ]

NHK 連続テレビ小説 花子とアン(29)「波乱の大文学会」 2014年5月2日(金)

公演が近くなるにつれ、はな(吉高由里子)や蓮子(仲間由紀恵)たちのけいこは熱を帯びて行きます。
☆蓮子がやる気になったので一層熱がはいるでしょうね。


そんな折り、はなは、富山(ともさかりえ)がけいこ場を切なげに見つめるのを目撃します。
そして、茂木(浅田美代子)から富山がかつてジュリエットを演じたことを聞かされるのです。

☆富山先生はそれでロミオとジュリエットの劇に反対していたのですね。
でもどうしてなのでしょう?


一方、蓮子の実家では、兄・晶貴(飯田基祐)が蓮子からの招待状に驚きます。
☆でも、見に行くのですから、招待状には行かざるを得ない
ことが書いてあったのでしょうね。

いよいよ大文学会当日、緊張で震えが止まらない蓮子に、はなは意外な言葉をかけます。
☆何と言うのか見当もつきません。しっかり復讐をしましょうかな?

出演者:吉高由里子,仲間由紀恵,ともさかりえ,浅田美代子,高梨臨,トーディ・クラーク,飯田基祐,
語り:美輪明宏、原案:村岡恵理、脚本:中園ミホ(出典:YahooTVG)

朝ドラ 大河ドラマ 簡単あらすじトップへ

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

朝ドラ 花子とアン あらすじと感想  第5週 28話 5月1日(木) [NHK 連続テレビ小説 花子とアン あらすじ]

NHK 連続テレビ小説 花子とアン(28)「波乱の大文学会」 2014年5月1日(木)

はな(吉高由里子)が書きあがったばかりの脚本を真っ先に蓮子(仲間由紀恵)に渡したのを見て、
醍醐(高梨臨)はしっとを抑えられません。

☆醍醐さんは入学した最初からの親友だとご自分でも思っているのですから、
ショックでしょうね。


一方、白鳥(近藤春菜)がジュリエットの代役を買って出るのですが、
その怪演ぶりに皆が内心困り果ててしまいます。
☆そりゃそうですね。どうみても白鳥さんでは似合わないですもの。
先輩だからあからさまに言うこともできず、困ったでしょう。


そこへ、蓮子(仲間由紀恵)が現れ、
「脚本にとても感動したから、今日からまじめにけいこする」と宣言します。
はなはうれしくて、演出にも力が入ります。

その頃甲府ではふじ(室井滋)が血相を変えて吉太郎(賀来賢人)につめよります。
☆軍人になることには猛反対でしょう。死ぬかもしれないのですから。

しかし、吉太郎は「このままでは死んでいるのと同じだ」と答えました。
☆こんなことを言われたら、ふじは何と答えるのでしょう。
反対できないかもしれませんね。


出演者:
吉高由里子,仲間由紀恵,伊原剛志,室井滋,石橋蓮司,賀来賢人,松本明子,浅田美代子,高梨臨,近藤春菜,トーディ・クラーク,
語り:美輪明宏、原案:村岡恵理、脚本:中園ミホ(出典:YahooTVG)

朝ドラ 大河ドラマ 簡単あらすじトップへ



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

朝ドラ 花子とアン あらすじ  第5週 27話 4月30日(水) [NHK 連続テレビ小説 花子とアン あらすじ]

NHK 連続テレビ小説 花子とアン(27)「波乱の大文学会」 2014年4月30日(水)

はな(吉高由里子)は蓮子(仲間由紀恵)に
主役を引き受けた理由を問うと、
蓮子は「家の者に復しゅうするため」と答え、

さらに「私の復しゅうにつきあってくださらない?」
と呼びかけるのです。

☆どうやら蓮子は家族とうまくいっていないようです。
先日お兄さんが来た時も、
何かひどいことを言われたようですし。


はなは蓮子の話に取り合わず、
とにかく一生けん命稽古して成功させよう、
と説得するのですが蓮子はへそを曲げてしまいます。

☆蓮子は失敗して家族に恥じをかかせようとしているのでしょうか?

蓮子がまったく稽古に来なくなり、
はなたちはますます途方にくれるのです。
☆校長先生の策略はどうなったのでしょう?

一方甲府では、兄の吉太郎(賀来賢人)が軍隊入りを強く望み、
あるところへ向かっています。

☆軍隊へ向かっているのでしょうか?
兄も父とうまくいってないようです。

でもいつも家庭を留守にしているのだから
あまり関係なさそうですが、農業がいやなのかも。

出演者:吉高由里子,仲間由紀恵,伊原剛志,賀来賢人,カンニング竹山,ともさかりえ,浅田美代子,高梨臨,
語り:美輪明宏、原案:村岡恵理、脚本:中園ミホ(出典:YahooTVG)

朝ドラ 大河ドラマ 簡単あらすじトップへ


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

朝ドラ 花子とアン あらすじ  第5週 26話 4月29日(火) [NHK 連続テレビ小説 花子とアン あらすじ]

はな(吉高由里子)はロミオとジュリエットの前半部分の翻訳を完成させ、
いよいよ芝居の稽古が始まりました。
☆皆張り切っている頃でしょう。

しかし、蓮子(仲間由紀恵)は自らロミオ役に立候補したにもかかわらず、
一向に稽古場へ現れないのです。
☆蓮子には何か考えがあるのではないでしょうか。

稽古に出てこない蓮子に、ジュリエット役の醍醐(高梨臨)
や級友たちは反発を強めます。
☆そりゃそうですね。主役が出てこないのでは劇は成り立ちませんから。


NHK 連続テレビ小説 花子とアン(26)「波乱の大文学会」 2014年4月29日(火)

はな(吉高由里子)はロミオとジュリエットの前半部分の翻訳を完成させ、
いよいよ芝居の稽古が始まりました。
☆皆張り切っている頃でしょう。

しかし、蓮子(仲間由紀恵)は自らロミオ役に立候補したにもかかわらず、
一向に稽古場へ現れないのです。
☆蓮子には何か考えがあるのではないでしょうか。

稽古に出てこない蓮子に、ジュリエット役の醍醐(高梨臨)
や級友たちは反発を強めます。
☆そりゃそうですね。主役が出てこないのでは劇は成り立ちませんから。

蓮子を無理やり稽古場につれてきても全くやる気を見せないのです。
しびれを切らした醍醐は役を降りると宣言。
☆これではめちゃくちゃ仕切り直しが必要ですね。

騒ぎを聞きつけたブラックバーン校長(トーディ・クラーク)は、意外な提案をします。

☆ブラックバーン校長はいざとなると、いつも素晴らしい解決策を出せる優秀な
校長ですね。きっと名案があるのでしょう。

出演者:吉高由里子,仲間由紀恵,賀来賢人,窪田正孝,ともさかりえ,浅田美代子,高梨臨,トーディ・クラーク

語り:美輪明宏、原案:村岡恵理、脚本:中園ミホ(出典:YahooTVG)

朝ドラ 大河ドラマ 簡単あらすじトップへ



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

NHK 大河ドラマ 軍師官兵衛 あらすじ 17話 4月27日 [NHK 大河ドラマ 軍師官兵衛]

軍師官兵衛(17)「見捨てられた城」2014年4月27日(日)

光(中谷美紀)は兄・左京進(金子ノブアキ)を説得できず、
2人は違う道に進むことを理解し合い、別れました。

一方、官兵衛(岡田准一)と秀吉(竹中直人)は毛利の大軍に包囲された上月城を
救おうとするのですが、

信長(江口洋介)の厳命で見捨てる羽目となってしまいます。
☆お気の毒でした。信長も兵が足りずやむを得ないことだったようです。



官兵衛は断腸の思いで城に潜入し、鹿介(別所哲也)に別れを告げるのです。
☆この時、城を捨てて一緒に逃げようと誘ったそうですが、山中鹿之助は断ったそうです。
潔いのですね。

織田の非情さに村重(田中哲司)や政職(片岡鶴太郎)は動揺するのです。
☆このことが原因で村重や政職は織田を裏切ることになるのでしょうか。

一方、宇喜多直家(陣内孝則)の動きを警戒した毛利方の小早川隆景(鶴見辰吾)は
撤退を決断し、

そのため光の兄・左京進(金子ノブアキ)の志方城も見捨てられてしまうことに。

出演者:岡田准一,中谷美紀,谷原章介,高岡早紀,春風亭小朝,鶴見辰吾,別所哲也,田中哲司,桐谷美玲,濱田岳,速水もこみち,高橋一生,金子ノブアキ,勝野洋,阿知波悟美,ピエール瀧,嘉島典俊,磯部勉ほか
原作・脚本:前川洋一(出典:YahooTVG)

NHK 朝ドラと大河ドラマ簡単あらすじ トップへ


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

朝ドラ 花子とアン あらすじ  第5週 25話 4月28日(月) [NHK 連続テレビ小説 花子とアン あらすじ]

NHK 連続テレビ小説 花子とアン(25)「波乱の大文学会」 2014年4月28日(月)

修和女学校の一大行事・大文学会が近づき、はな(吉高由里子)の学級は
「ロミオとジュリエット」を上演しようと盛り上がります。
☆面白そうですね。


恋愛劇をやることに富山(ともさかりえ)は猛反対します。
☆そのことについて、蓮子(仲間由紀恵)が、「先生の恋愛経験が貧しいからだ」
とか言ったら、富山先生が怒って「出ていきなさい」と言っていましたね。図星だったのでしょう。

でも生徒たちの熱意を聞いたブラックバーン校長(トーディ・クラーク)が
上演を許可します。

☆ロミオとジュリエットは有名なお話しですから、
教養としても知っておくべきだと思ったのでしょう。

はなは脚本の執筆を頼まれ、「ロミオとジュリエット」の原書を日本語に
翻訳することになります。
☆もう翻訳もしていたのですね。

主役を誰が演じるか話し合っていると、意外な人物が名乗りを上げます。
☆蓮子じゃないかと推察できます。面白くなりそうです。

語り:美輪明宏、原案:村岡恵理、脚本:中園ミホ(出典:YahooTVG)

朝ドラ 大河ドラマ 簡単あらすじトップへ


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。