So-net無料ブログ作成
朝ドラ おひさま あらすじ 予告 91話 神蔵( ブログトップ

朝ドラ おひさま あらすじ 予告 91話 神蔵(中原丈雄)の芝居 [朝ドラ おひさま あらすじ 予告 91話 神蔵(]

朝ドラ おひさま「女たちの時間」(91話)神蔵(中原丈雄)の芝居     2011年7月18日(月) の放送内容

子供も夫も亡くし、安曇野を訪ねて来た富士子(渡辺美佐子)の寂しさを陽子(井上真央)は察して、「子どもが産まれるまで、丸庵に滞在してほしい」と言います。

もちろん、徳子(樋口可南子)も賛成しますが、気位が高い富士子が、素直にその好意を受けるとは思えません。

渡辺美佐子の作品>>[1963年東映:DVD未発売]真田風雲録●監督:加藤泰//中村錦之助/渡辺美佐子  【中古】(ビデ...

和成(高良健吾)の発案で「運転手の神蔵(中原丈雄)が腹痛を起こし、やむなく滞在する」という筋書きで、ひと芝居打つことにします。

神蔵は一世一代の大芝居に励むことになるのですが…。

これきっとうまくいくのだと思います。予告編で、子供が生まれるまで、祖母がいましたもの。

神蔵(かみくら)役の中原丈雄が、演技の中で演技をするのが、見物ですね。

中原丈雄さんの作品↓↓↓


★主な出演者
井上真央(いのうえまお)ヒロイン(丸山陽子)
高良健吾(こうらけんご)陽子の夫(丸山和成)
樋口可南子(ひぐちかなこ)義母 (丸山徳子)
渡辺美佐子(わたなべみさこ)母方の祖母(桐野富士子)
中原丈雄(なかはらたけお)富士子のお抱え運転手(神蔵)
語り若尾文子(わかおあやこ)現代の陽子(丸山陽子)
★原作・脚本 
岡田惠和(おかだよしかず)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま あらすじ 予告 91話 神蔵( ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。