So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ おひさま あらすじ 予告 92話 祖母( ブログトップ

朝ドラ おひさま あらすじ 予告 92話 祖母(渡辺美佐子)の料理 [朝ドラ おひさま あらすじ 予告 92話 祖母(]

朝ドラ おひさま あらすじ「女たちの時間」
(92話)祖母(渡辺美佐子)の料理 2011年7月19日(火) の放送内容予告

「一緒にいたい」という陽子(井上真央)の申し出に富士子(渡辺美佐子)は驚きますが、
「お世話になります」と頭を下げます。

しばらくは一緒に暮らせると、徳子(樋口可南子)たちも大喜びします。

原作者の作品はこちら>>【22%OFF!】【送料無料】ちゅらさん 2 DVD-BOX(DVD)


感謝の気持ちを込めて、富士子は皆の朝食を作ります。大金持ちでも、自分で朝食を作るのですね。

富士子は、ぜいたくな料理を次々と並べていきます。

ところが、丸山家の女性たちはそれを見て驚き、困ってしまうのです。

だって、実は、その料理は、丸山家の一週間分の材料をすべてを使って作られたものだったからです。

お金持ちだからしょうがないですけど、はてどうなるやら。

★主な出演者

井上真央(いのうえまお)ヒロイン(丸山陽子)
高良健吾(こうらけんご)陽子の夫(丸山和成)
樋口可南子(ひぐちかなこ)義母 (丸山徳子)
渡辺美佐子(わたなべみさこ)母方の祖母(桐野富士子)
中原丈雄(なかはらたけお)富士子のお抱え運転手(神蔵)
語り若尾文子(わかおあやこ)現代の陽子(丸山陽子)



★原作・脚本 
☆岡田惠和(おかだよしかず)
1959年2月11日 生まれ、東京都三鷹市出身の脚本家、小説家。所属事務所はマツ・カンパニー。
和光大学人文学科中退。企画会社勤務後、フリーライターとなる。
音楽評論家・FMのDJを経て、1990年に脚本家としてデビュー。
シナリオ修行は、東京・青山のシナリオ・センターで行った。
同校卒業生としては内館牧子と並ぶ出世頭の一人。
『彼女たちの時代』(1999年)で、芸術選奨新人賞放送部門受賞。
連続テレビ小説『ちゅらさん』(2001年)で、向田邦子賞、橋田賞をダブル受賞。
高橋留美子の漫画『めぞん一刻』の大ファンであり、同作品のテレビドラマ版の脚本も執筆。
Mr.Childrenのファンである。
作品も多数にわたり、書ききれない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま あらすじ 予告 92話 祖母( ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。