So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ おひさま 127話 高良健吾 ブログトップ

朝ドラ おひさま 127話予告 高良健吾 [朝ドラ おひさま 127話 高良健吾]

朝ドラ おひさま「ふたたびの場所」127話 2011年8月29日(月) の放送内容

「妻・タエ(中村ゆり)を不幸にした」と自分を責める川原(金子ノブアキ)に、「タエさんは幸せだったはず」と陽子(井上真央)は言うのですが、日本中が戦争を忘れて幸せになろうとも、川原は一生自分を責め続けて死んでいく覚悟だと答えます。

どうして、妻は不幸だっだと感じるのでしょう。何があったのでしょう。満州に行ったことを後悔しているのでしょうか。

そんな川原の様子を悲しむ陽子に、和成(高良健吾)は「しかたない。どう受け止めて生きるかに、正しいとか、こうするべきなんてない」と慰め、練習した「月の沙漠」をハーモニカで、たどたどしく吹くのです。やさしいですね。

高良健吾の作品>>『サッド ヴァケイション』 オリジナルポスター(B2サイズ)

★主な出演者  井上真央(いのうえまお)ヒロイン(丸山陽子)
若尾文子(わかおあやこ)語り(現代の丸山陽子)
樋口可南子(ひぐちかなこ)義母 (丸山徳子)
串田和美(くしだかずよし)義父 (丸山道夫)
井上琳水(いのうえりんな)日向子3歳の役
金子ノブアキ(かねこのぶあき)陽子の初恋の相手・川原

☆再び 高良健吾(こうらけんご)陽子の夫(丸山和成)役登場

1987年11月12日生まれ(23歳)  日本 熊本県熊本市 出身
身長 176cm  血液型 O型 職業 俳優
ジャンル テレビドラマ、映画など
主な作品 映画 『M』『サッド ヴァケイション』『蛇にピアス』 『フィッシュストーリー』
『蟹工船』『ソラニン』『ボックス!』 他多数、ドラマも多数あり。
2005年、ドラマ『ごくせん』で俳優デビューし、2006年公開の『ハリヨの夏』で映画デビュー。
以降、映画出演が多く続いているがドラマ出演が少ないのは「連ドラで3か月スケジュールを空けるのが難しいからで、ドラマが嫌いというわけじゃない」と語っている
2011年、『時計じかけのオレンジ』で舞台に初挑戦した。

★原作・脚本 
岡田惠和(おかだよしかず)
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま 127話 高良健吾 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。