So-net無料ブログ作成
朝ドラ おひさま  あらすじ 133話 ブログトップ

朝ドラ おひさま 133話 あらすじ  [朝ドラ おひさま  あらすじ 133話]

朝ドラ おひさま 23週「幸せの匂い」133話予告  2011年9月5日(月) の放送

丸庵が焼け、須藤家に身を寄せた丸山家。

焼け残ったものを慈しみながら、傷心を癒やす日々。

安子(吉村実子)は息子の家に、節子(白川由美)は浜松の娘夫婦に世話になることを決め、離れ離れに。

和成(高良健吾)は、真剣なまなざしで器を修繕している時が、最も楽しそうだと思う陽子(井上真央)。

そして東京にいた育子(満島ひかり)が、陽子を心配して訪ねてくる。(NHK公式ホームページより)

それぞればらばらになってしまうのですね。ちょっとさびしいけれど、新たな復興の希望もありそうです。

おひさまロケ地 安曇野のホテル↓↓

出演者 井上真央,高良健吾,樋口可南子,串田和美,満島ひかり,マイコ,寺脇康文,永山絢斗,白川由美,吉村実子,金澤美穂,
語り若尾文子

原作・脚本作岡田惠和
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま  あらすじ 133話 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。