So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ おひさま 134話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ おひさま 134話 あらすじ [朝ドラ おひさま 134話 あらすじ]

朝ドラ おひさま 23週「幸せの匂い」134話 2011年9月6日(火)の放送

育子(満島ひかり)が、みんなに東京みやげを買ってきた。

日向子(井上琳水)にお人形、杏子(金澤美穂)に絵の具、
和成(高良健吾)と道夫(串田和美)に浅草の手ぬぐいと工夫が凝らされ、みんな大喜び。

日向子がラジオから流れるジャズにあわせて踊りだすと、
その曲が飯田小太郎とオクトパスの「よき人生を」と紹介され、

陽子(井上真央)たちは目を白黒。

かつての教え子も次々と見舞いに来る。

育子が頑張っているようですね。 育子と茂樹の仲が気になります。

おひさま ロケ地 女学校のあった松本↓


出演者出演井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,満島ひかり,マイコ,寺脇康文,永山絢斗,金澤美穂,井上琳水,渡辺えり,斉木しげる,石橋杏奈,土屋太鳳,大和田健介
原作・脚本作岡田惠和

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま 134話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。