So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ おひさま 136話 あらすじ  ブログトップ

朝ドラ おひさま 136話 あらすじ  [朝ドラ おひさま 136話 あらすじ ]

朝ドラ おひさま「幸せの匂い」136話 あらすじ 2011年9月8日(木) の放送内容

いつか家族5人で安曇野に来た時に語った、それぞれの夢。

“どこか違う場所(徳子の夢)で、そば畑(道夫の夢)があって、いろんな人が、いつでもやって来られるような店(陽子の夢)を作りたい”という、みんなの夢をかなえたい和成(高良健吾)。



陽子(井上真央)は和成を赤い屋根の家に連れて行く。

初めて見るのに、どこか懐かしい気がする家だ。

2人に店を開く意識が芽生え始める。

東京へ戻る育子(満島ひかり)に会った陽子は、大事な質問をひとつ投げかける。


出演者出演井上真央,高良健吾,若尾文子,満島ひかり,マイコ,中村竜
原作・脚本作岡田惠和

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま 136話 あらすじ  ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。