So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ おひさま 138話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ おひさま 138話 あらすじ [朝ドラ おひさま 138話 あらすじ]

朝ドラ おひさま 138話 「幸せの匂い」2011年9月10日(土) の放送内容

道夫(串田和美)と徳子(樋口可南子)は赤い屋根の家をひと目見て気に入った様子。

同時に和成(高良健吾)と陽子(井上真央)が2人して自分たちを驚かせようと画策したのも見破った。

赤い屋根の家の持ち主は、小学校時代の親友・ユキ(橋本真実)だったのは驚きです。

ユキは実業家らしく陽子と自分の双方に得になる展開を提案し、陽子を感心させた。

どんな提案なんでしょうね。

しかし何よりもユキが、赤い屋根の家をよいお店にしてほしいことを一番に願っていると知り、感激するのです。


出演者出演井上真央,高良健吾,樋口可南子,串田和美,寺脇康文,永山絢斗,金澤美穂,井上琳水,柄本時生,村松利史,橋本真実
原作・脚本作岡田惠和

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま 138話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。