So-net無料ブログ作成
朝ドラ おひさま 139話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ おひさま 139話 あらすじ [朝ドラ おひさま 139話 あらすじ]

朝ドラ おひさま 139話 「送り出す愛」 2011年9月12日(月) の放送内容

赤い屋根の家は、すっかり店らしくなります。

陽子(井上真央)は「百白花(ひゃくびゃっか)」という名前の看板を付けます。
名付け親は祖母・富士子(渡辺美佐子)です。

祖母・富士子は資金援助をしてくれるのでしょうか。

そして家族みんなに教えられて、陽子のそば打ち修業が始まります。

開店日、百白花は、家族や親戚、友達、教え子でにぎわうのです。

そりゃそうでしょうね。

その頃、育子(満島ひかり)は東京の留置場の中だった。

街頭録音の現場で熱弁をふるう女性を、やじ馬から守ろうとしたはずみだったのですが、どうしたのでしょう。


出演者出演井上真央,若尾文子,高良健吾,樋口可南子,串田和美,寺脇康文,永山絢斗,満島ひかり,マイコ,井上琳水,金澤美穂,斉藤由貴


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま 139話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。