So-net無料ブログ作成
朝ドラ おひさま 135話 あらすじ  ブログトップ

朝ドラ おひさま 135話 あらすじ  [朝ドラ おひさま 135話 あらすじ ]

朝ドラ おひさま 「幸せの匂い」135話 2011年9月7日(水)の放送内容

丸庵があった時は店を継ぐこと以外考えなかった和成(高良健吾)と陽子(井上真央)です。

しかし道夫(串田和美)と徳子(樋口可南子)から、「お前たちの、したいようにしたらよい。
お前たちが決めたことに全力で協力しよう」と言われます。

後継ぎだから、やるんじゃなくて、ちゃんと人生を選んでほしいという意味だが、
和成には突然の申し出だったので、すぐには答えられない。

そして陽子に、自分の考えを話し始めるのです。

すばらしい両親ですね。火事は災難だったけれど、新しい人生の出発ができるのです。

出演者
井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美

おひさまがコミックになりました。予約販売、売り切れそうです。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま 135話 あらすじ  ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。