So-net無料ブログ作成
朝ドラ おひさま 141話 あらすじ  ブログトップ

朝ドラ おひさま 141話 あらすじ  [朝ドラ おひさま 141話 あらすじ ]

朝ドラ おひさま「送り出す愛」141話 あらすじ 2011年9月14日(水)の放送内容

育子(満島ひかり)が、警察の人があやまらない限り帰らないと強情を張るのを
陽子(井上真央)はつらく寂しく感じるが、

富士子(渡辺美佐子)が自分に任せるよう力強く請け合うので、安曇野へ帰ります。

陽子が一生に一度の約束を自分のために使ったと富士子から聞かされ、
育子は涙が止まりません。そりゃそうでしょうね。

留置場を出た育子は陽子に電話で「大事な約束なのに、むだ遣いすんじゃねえよ」と憎まれ口をたたくのです。

かわいいですねえ。

陽子も負けずに「いっぱい貸しがあるんだから、一生かかって返してもらうから」と返します。

女同士で、こんなに堅い友情をもてるなんてステキです。

出演者
井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,満島ひかり,マイコ,井上琳水,金澤美穂,
渡辺美佐子,石橋杏奈,土屋太鳳

原作・脚本作岡田惠和
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま 141話 あらすじ  ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。