So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ おひさま 143話 あらすじ  ブログトップ

朝ドラ おひさま 143話 あらすじ  [朝ドラ おひさま 143話 あらすじ ]

朝ドラ おひさま「送り出す愛」143話 あらすじ 2011年9月16日(金) の放送内容

戦友が亡くなり、和成(高良健吾)は、しばらく多治見に滞在するつもりらしく、陽子(井上真央)の不安は晴れません。

徳子(樋口可南子)と道夫(串田和美)も心配だ。
それでも陽子は杏子(金澤美穂)に絵を習わせてやる優しさをみせる。

娘同然の扱いに感激する杏子を抱きしめる陽子。

しかし、いつもの場所に和成がいない不安と寂しさは募る。

やっと届いた手紙の中身は…。

おひさまがコミックになりました。 予約販売終了真近です。

出演者出演井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,井上琳水,金澤美穂
原作・脚本作岡田惠和



朝ドラ おひさま 143話 あらすじ  ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。