So-net無料ブログ作成
朝ドラ おひさま 145話 あらすじ  ブログトップ

朝ドラ おひさま 145話 あらすじ  [朝ドラ おひさま 145話 あらすじ ]

朝ドラ おひさま「母の笑顔」145話 あらすじ 2011年9月19日(月)の放送内容

陽子(井上真央)は、和成(高良健吾)が滞在する多治見に単身乗り込む決心をして、
徳子(樋口可南子)と道夫(串田和美)に宣言します。

やはり思った通りです。心配ですものね。

和成の着替えを用意し、服を繕いながら、現実を見ることに不安を感じる陽子ですが、
徳子の「我慢しないで怒れ」という言葉に勇気づけられます。

本当に理解のある良い姑ですね。普通はなかなかこうはいかないと思いますよ。

陽子の到着に驚く和成ですが、自分の説明が足りなかったと反省します。

そりゃそうですよ。男はにぶいですからね。

和成は自分で器を作って百白花で使うという夢を見つけ、つい夢中になってしまったのです。

夢が見つかって良かったです。どんな器ができるか楽しみです。




出演者
井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,串田和美,井上琳水,金澤美穂
原作・脚本作岡田惠和

朝ドラ おひさま キャストへ>>http://dorakoba-ba.blog.so-net.ne.jp/


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま 145話 あらすじ  ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。