So-net無料ブログ作成
朝ドラ おひさま 146話 あらすじ  ブログトップ

朝ドラ おひさま 146話 あらすじ  [朝ドラ おひさま 146話 あらすじ ]

朝ドラ おひさま「母の笑顔」146話 あらすじ 2011年9月20日(火)の放送内容

和成(高良健吾)が帰ってこない間に、誰かに和成を取られてしまうんじゃないかと思ったり、
不安だったと陽子(井上真央)は和成に打ち明けます。

陽子との関係は何があっても大丈夫だと安心していたと和成も打ち明けるのだから、かわいいですね。

和成が夢を見つけたのには、陽子も喜びます。


和成だけ、自分の夢がなくて、皆の夢をかなえるのが自分の夢などと言っていたのですから。

帰宅した陽子は、徳子(樋口可南子)に「夫婦の絆が、さらに深まった」と伝えます。

そんな陽子を心配して待っていてくれた育子(満島ひかり)と真知子(マイコ)が迎えるのですが、
育子はまた東京から帰ったのですね。

出演者
井上真央,高良健吾,若尾文子,樋口可南子,井上琳水,金澤美穂,満島ひかり,マイコ

原作・脚本作岡田惠和

朝ドラ おひさま キャストへ>> http://dorakoba-ba.blog.so-net.ne.jp/


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま 146話 あらすじ  ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。