So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ おひさま 147話 あらすじ  ブログトップ

朝ドラ おひさま 147話 あらすじ  [朝ドラ おひさま 147話 あらすじ ]

朝ドラ おひさま「母の笑顔」147話 あらすじ 2011年9月21日(水)の放送内容

陽子(井上真央)を心配して待っていてくれた、育子(満島ひかり)、真知子(マイコ)と3人はひと晩、語り明かします。

育子は街頭録音の件で、会社を解雇されたが、その時の縁で放送局で働くことになった。

やれやれ良かったです。

真知子は出世しそうだが、それを春樹(田中圭)のおかげだと言う。

真知子の出世ってなんでしょうね。

「空の上から、あなたの不幸を取り払ってみせます」という春樹の手紙の言葉を、真知子は夫にもナイショで大事にしています。

秘密ですね。

陽子は自分の手で、そばを打てるよう、さらに修業に励むのです。

裁縫が苦手な陽子さんですが、大丈夫でしょうか。

出演者
井上真央,樋口可南子,井上琳水,金澤美穂,満島ひかり,マイコ,語り若尾文子
原作・脚本作岡田惠和


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま 147話 あらすじ  ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。