So-net無料ブログ作成
朝ドラ おひさま 151話 あらすじ  ブログトップ

朝ドラ おひさま 151話 あらすじ  [朝ドラ おひさま 151話 あらすじ ]

朝ドラ おひさま「母の笑顔」151話 あらすじ 2011年9月26日(月)の放送内容

亡き妻・紘子(原田知世)の面影を求めて独り映画館で毎夜同じ映画を観ていた良一(寺脇康文)の寂しさを思うと、
陽子(井上真央)はたまらなくなります。


依然として容態は危険なまま、本人の生きる力次第だと言われ、一緒にいて何も気づいてやれなかった茂樹(永山絢斗)も自責の念に駆られます。


しかし夜が明ける頃、先に目を覚ましたのは良一で、いつのまにか眠ってしまっていた
陽子・茂樹・和成(高良健吾)は、良一に起こされるはめになります。

良かったですねえ。本当に心配しました。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま 151話 あらすじ  ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。