So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ おひさま 152話 あらすじ  ブログトップ

朝ドラ おひさま 152話 あらすじ  [朝ドラ おひさま 152話 あらすじ ]

朝ドラ おひさま「母の笑顔」152話 あらすじ 2011年9月27日(火)の放送内容

良一(寺脇康文)が生きて帰宅できたのは、母の紘子(原田知世)と兄の春樹(田中圭)の
おかげだと陽子(井上真央)は信じます。

父良一が、母と春樹に追い返されたと言ったからですね。

だが、老いた良一といつかは別れること、いつか自分も老いる日が来ることなどを想像すると切ない。

でもそれは仕方がないことですね。

相馬(平泉成)が良一のために栄養のつくものを集めてきます。

早く元気になって自分が中央に打って出たときは、安曇野町長を継いでほしいのだそうです。

でも、それは良一がきっぱり断りましたね。政治家には向かないと思われます。


良一は改まって陽子と茂樹(永山絢斗)に話があるという。

もったいぶっていましたが、あたたかい話でした。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま 152話 あらすじ  ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。