So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ おひさま154話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ おひさま154話 あらすじ [朝ドラ おひさま154話 あらすじ]

朝ドラ おひさま「母の笑顔」154話 あらすじ 2011年9月29日(木)の放送内容

それにしても節子(白川由美)は、なぜ松本にいたのか。問い詰めると。

節子の周囲はお堅い勤め人ばかりで、おっくうになり、
徳子(樋口可南子)と丁々発止のやり取りが懐かしく、松本に来てしまったのだと。


道夫(串田和美)は、三男で田畑を継げなかった自分が今、そば畑を持っている幸せを、かみ締めています。


良一(寺脇康文)は、富士子(渡辺美佐子)に安曇野で暮らす提案をしに東京へ行くことにします。
きっと断られることを知りながら。

そして、やはり断られます。


一方、陽子(井上真央)は、母親として一生忘れられない恐ろしい失敗をしてしまいます。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま154話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。