So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ おひさま155話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ おひさま155話 あらすじ [朝ドラ おひさま155話 あらすじ]

朝ドラ おひさま「母の笑顔」155話 あらすじ 2011年9月30日(金)の放送内容

日向子(井上琳水)の腕に、やけどを負わせてしまった。

陽子(井上真央)は、自分も同じ痛みを味わおうと思いつめて、和成(高良健吾)に叱られます。

そして、和成は、子どもは、親が悲しい顔をしているのが一番ツライものだということを、
自分の体験から陽子に教えるのです。

大なり小なり、親はこういう経験をするものですね。


数日後、日向子が陽子に「もう大丈夫だよ!」と腕を回してみせます。

たいしたことがなくて良かったです。

3年後、陽子はそばを打つ手際も、すっかりよくなります。

何事も練習です。

安曇野町長選挙で、相馬(平泉成)の対立候補として女性が名乗り出た。

その女性は、なんとあの、陽子の小学校の親友で、今は実業家のユキ(橋本真実)です。




コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ おひさま155話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。