So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ カーネーション 2話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ カーネーション 2話 あらすじ [朝ドラ カーネーション 2話 あらすじ]

連続テレビ小説 カーネーション(2)「あこがれ」2011年10月4日(火) の放送内容

学校で糸子(二宮星)は、一生糸で食べていけるようにという名前の由来を話す。

なるほど、実家が呉服屋だったので、ファッションの仕事をするようになるのでしょうね。

ファッションデザイナー・コシノ三姉妹の母は呉服屋の娘だったのだ。

担任教師の、将来は嫁として実家の呉服屋を盛りたてろという言葉に、糸子は、だんじりに乗るために
大工になりたいと答え、みんなに笑われる。

男子とケンカした挙句、用務員に頭突きをして担任からきつく叱られても、まったくこたえない。

呉服屋の父・善作(小林薫)はの言いつけで、同級生・吉田奈津(高須瑠香)の家、高級料亭「吉田屋」に集金に行くことになる。

出演者
小林薫,麻生祐未,二宮星,正司照枝,高須瑠香,吉岡竜輝,桂茶がま
原作・脚本作渡辺あや

渡辺あやの脚本作品 
ジョゼと虎と魚たち

朝ドラ カーネーション 2話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。