So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ カーネーション 4話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ カーネーション 4話 あらすじ [朝ドラ カーネーション 4話 あらすじ]

連続テレビ小説 カーネーション(4)「あこがれ」2011年10月6日(木) の放送内容

糸子(二宮星)は、舞踏会で見たドレスが目に焼きついて離れず、あこがれを募らせる。

一方で、集金先の菓子屋で万引きをした男子をこらしめる。

だが、逆に仕返しのケンカを売られ、河原で悪ガキと取っ組み合う。

帯の間から、集金したお札が川に流され、あわてて追いかけた糸子は溺れかけるが、泰蔵(須賀貴匡)に助けられる。

ずぶぬれで帰った糸子は、「女でもなめられたくない」と言うが、「女が男と張り合おうと思うな」と、善作(小林薫)に思いきり頬を殴られる。

出演者
小林薫,麻生祐未,二宮星,須賀貴匡,十朱幸代,正司照枝,高須瑠香,吉岡竜輝
原作・脚本作渡辺あや

泰蔵役・須賀貴匡(すがたかまさ)の作品↓↓

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 4話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。