So-net無料ブログ作成
朝ドラ カーネーション 7話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ カーネーション 7話 あらすじ [朝ドラ カーネーション 7話 あらすじ]

連続テレビ小説 カーネーション(7)「運命を開く」2011年10月10日(月) の放送内容

【送料無料選択可!】カーネーション 上 (NHK連続テレビ小説) (単行本・ムック) / 渡辺あや/作 ...

小原糸子(尾野真千子)は、女学校から走って帰っては、夢中で裁縫をする日々を送っていた。

父・善作(小林薫)は呉服屋の客を増やすことをねらい謡の教室を始めたが、商売には結びつかない。

ある日糸子は、呉服の集金の途中にあるパッチ屋の店先でミシンを見かける。

布が勢いよく縫われていく様子に糸子の目がくぎ付けになる。

糸子は“このミシンこそ、自分が乗れるだんじりだ”と思い、目指す物をつかんだ気持ちで有頂天になる。

★相変わらず、集金は続けているのですね。
良い社会勉強になったと思われます。

祖母役、正司照枝の作品↓↓

出演者
尾野真千子,小林薫,麻生祐未,正司照枝,栗山千明,須賀貴匡,尾上寛之,柳生みゆ,眞木めい,吉田葵依
原作・脚本作渡辺あや

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 7話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。