So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ カーネーション 8話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ カーネーション 8話 あらすじ [朝ドラ カーネーション 8話 あらすじ]

連続テレビ小説 カーネーション(8)「運命を開く」2011年10月11日(火) の放送内容

[CD] 椎名林檎/カーネーション
糸子(尾野真千子)は、パッチ屋の店先でミシンを見つめる毎日を過ごし、家ではアッパッパを作って妹たちに着せていた。

しかし、父・善作(小林薫)は「呉服屋の娘がけしからん」と洋服作りを許さない。

ある日、糸子は店の主人・桝谷(トミーズ雅)に声をかけられ、ミシンに触らせてもらう。

初めてミシンで布を縫って大喜びする。

ミシンで布が縫えたことに感動した糸子は、進んでパッチ屋の手伝いを始める。

糸子は働くことが楽しくてしかたがなく、家事も率先してやり始めるのだ。

★さすがコシノさん。子供の時から働き者だったのですね。
そうじゃなきゃ、成功はしません。

パッチ屋の主人役 トミーズ雅の作品

出演者
尾野真千子,小林薫,麻生祐未,正司照枝,栗山千明,トミーズ雅,石田太郎,上杉祥三,甲本雅裕,柳生みゆ,眞木めい,吉田葵依
原作・脚本作渡辺あや

朝ドラ カーネーション 8話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。