So-net無料ブログ作成
朝ドラ カーネーション 11話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ カーネーション 11話 あらすじ [朝ドラ カーネーション 11話 あらすじ]

連続テレビ小説 カーネーション(11)「運命を開く」2011年10月14日(金) の放送内容

【送料無料】[枚数限定][限定版]色即ぜねれいしょん(限定版)/渡辺大知[DVD]【返品種別A】【smtb...

善作(小林薫)は千代(麻生祐未)に実家の松坂家に借金を申し込ませるが、善作自ら来るようにと断られる。

糸子(尾野真千子)は善作のお供で神戸の松坂家まで行くことになる。

糸子がいとこ・勇(渡辺大知)らと楽しんでいる間に、千代の父・清三郎(宝田明)は善作に、時流に合わない呉服店を畳めと言う。

結局借金はできず、失意の善作はだんじり小屋を訪れ、泰蔵(須賀貴匡)に、だんじりの上で舞う大工方になれなかった思いを語る。

★お父さんもだんじりの上で舞う大工方になりたかったんですね。
糸子はお父さんに似たのでしょうか。 お父さんは呉服屋をやめるのでしょうか。

いとこ・勇役の渡辺大知の作品↓↓

出演者
尾野真千子,小林薫,麻生祐未,正司照枝,須賀貴匡,尾上寛之,渡辺大知,宝田明,十朱幸代
原作・脚本作渡辺あや

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 11話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。