So-net無料ブログ作成
朝ドラ カーネーション 13話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ カーネーション 13話 あらすじ [朝ドラ カーネーション 13話 あらすじ]

連続テレビ小説 カーネーション(13)「熱い思い」2011年10月17日(月) の放送内容【送料無料】栗山千明 digi+KISHIN DVD

糸子(尾野真千子)は女学校を辞めることを善作(小林薫)に許され、パッチ屋で働くことになった。

予想通り、やはり父の善作は糸子が女学校を辞めて働くことを許しましたね。

呉服屋を辞めなければならないほど切羽詰ったのだから、かえって良かったでしょう。

母親の千代(麻生祐未)に付き添われ、意気揚々と初出勤した糸子だが、優しかった職人たちが皆、どこか冷たい。

理由を尋ねると兄弟子は「これまでは客だったから、ちやほやしたが、一番下っ端になったからには相応の仕事をし

ろ」とお茶くみや掃除などの雑用を押しつけてきた。

糸子はミシンには触ることもできず、仕事の厳しさを思い知ることになる。

そうでしょうねえ。お客と社員は違いますよ。

でも、糸子は、仕事の厳しさを知り、頑張ることでしょう。

吉田奈津 役の栗山千明の作品↓↓

出演者
尾野真千子,小林薫,麻生祐未,栗山千明,正司照枝,トミーズ雅,濱田マリ,尾上寛之,柳生みゆ
原作・脚本作渡辺あや

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 13話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。