So-net無料ブログ作成
朝ドラ カーネーション 14話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ カーネーション 14話 あらすじ [朝ドラ カーネーション 14話 あらすじ]

連続テレビ小説 カーネーション(14)「熱い思い」2011年10月18日(火) の放送内容

家族の前では明るくふるまう糸子(尾野真千子)だが、千代(麻生祐未)らはパッチ屋の仕事のつらさを察していたのです。
さすが家族ですね。

そんな折、奈津(栗山千明)がパッチ屋にやってきます。

憧れの泰蔵(須賀貴匡)の結婚のウワサを聞き、確かめたくて糸子に会いに来たのです。

店からの帰り道、結婚をやめるように言えと詰めよる奈津に糸子は閉口します。

泰蔵役の須賀貴匡(すがたかまさ)と奈津役の栗山千明が一緒の作品を見つけました↓↓


ある朝、糸子は風邪をひいて熱を出します。
無理して出勤したものの「いないほうがマシ」と帰らされ、糸子は職人たちの本音を知るのです。

つらいですが、熱があるようでは、じゃまになるかも知れませんね。

出演者
尾野真千子,小林薫,麻生祐未,栗山千明,正司照枝,柳生みゆ,トミーズ雅
原作・脚本作渡辺あや

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 14話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。