So-net無料ブログ作成
朝ドラ カーネーション 15話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ カーネーション 15話 あらすじ [朝ドラ カーネーション 15話 あらすじ]

連続テレビ小説 カーネーション(15)「熱い思い」2011年10月19日(水) の放送内容
【送料無料選択可!】カーネーション 上 (NHK連続テレビ小説) (単行本・ムック) / 渡辺あや/作 ...

風邪でパッチ屋から帰らされ、寝ている糸子(尾野真千子)は弱気になります。

けれども、母の千代(麻生祐未)が「自分の力で好きなことをやりとげる糸子は偉い」と褒める言葉が聞こえて、元気を出します。

糸子はほめられて伸びるタイプなのでしょうね。

翌日には風邪も治り、また張り切ってパッチ屋で仕事をする糸子。

雑用をこなすことからも学ぶものがあると改めて気づき、いつかミシンに触れる日が来ると確信するのです。

そうです。何からでも学ぶことはあるもので、それが後で役に立つのですよね。

その様子を見ていた店主・桝谷(トミーズ雅)は、夜間はミシンを使ってもよいと言います。

熱意は伝わるものです。

出演者
尾野真千子,小林薫,麻生祐未,正司照枝,トミーズ雅,柳生みゆ

ヒロインの妹、小原静子を演じる柳生みゆの作品↓↓

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 15話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。