So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ カーネーション 19話 あらすじ  ブログトップ

朝ドラ カーネーション 19話 あらすじ 財前直見 [朝ドラ カーネーション 19話 あらすじ ]

連続テレビ小説 カーネーション(19)「誇り」2011年10月24日(月) の放送内容
《ワニマガジン》財前直見 清水清太郎撮影とってもいいいよ! 財前直見写真集 【中古】afb

糸子(尾野真千子)は桝谷パッチ店を辞めさせられてしまいます。

あらあらどうしたのでしょう。アッパッパを作って売ったからでしょうか。

落胆している糸子に、善作(小林薫)は「早く次の働き口を探せ」と言うのですが、

仕事は、なかなか見つかりません。

ある日、岸和田に洋服を着た美しい女性が現れます。

根岸良子(財前直見)というミシンの販売員で、東京メーカーから派遣されて営業に来たのです。

根岸は、木之元電キ店の店先で実演販売をすることになります。

糸子は根岸の美ぼうや、ミシンで縫われる洋服に魅せられ、目を輝かせて見つめるのです。

結果としては、パッチ店を辞めさせられたことで、本当の夢に近づいたのですね。

根岸良子役の財前直見(ざいぜんなおみ)の作品↓↓↓

出演者
尾野真千子,小林薫,麻生祐未,財前直見,正司照枝,柳生みゆ,甲本雅裕,トミーズ雅
原作・脚本作渡辺あや


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 19話 あらすじ  ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。