So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ カーネーション 22話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ カーネーション 22話 あらすじ 財前直見 [朝ドラ カーネーション 22話 あらすじ]

連続テレビ小説 カーネーション(22)「誇り」2011年10月27日(木) の放送内容
《ワニマガジン》財前直見 清水清太郎撮影とってもいいいよ! 財前直見写真集 【中古】afb

善作(小林薫)は根岸(財前直見)に土下座して、糸子(尾野真千子)に洋裁を教えてほしいと頼みます。

ある日、糸子が家に帰ると、根岸が善作に謡を習っているのです。

根岸は、1週間だけ小原家に泊まり謡を教わる代わりに、糸子に洋裁を教えることにしたのだという。

糸子は大喜びし、千代(麻生祐未)たちも洋食を作ろうとするなど、張り切って準備する。

いよいよ、その日、洋服を着こなした根岸が、岸和田の街をさっそうと歩いてきた。

根岸役・財前直見の作品↓↓↓

出演者
尾野真千子,小林薫,麻生祐未,正司照枝,財前直見,小泉孝太郎,濱田マリ,尾上寛之,甲本雅裕,田丸麻紀,柳生みゆ
原作・脚本作渡辺あや

関連記事>>NHK カーネーション キャスト 財前直見


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 22話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。