So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ カーネーション 23話 あらすじ 須賀貴 ブログトップ

朝ドラ カーネーション 23話 あらすじ 須賀貴匡 [朝ドラ カーネーション 23話 あらすじ 須賀貴]

連続テレビ小説 カーネーション(23)「誇り」2011年10月28日(金) の放送内容
【メール便発送可】【中古】DVD▼inquiring min/須賀貴匡

根岸(財前直見)は、まず糸子(尾野真千子)に洋服を着せ商店街を歩かせる。

根岸は糸子に好きな花を尋ね、

糸子がカーネーションを挙げると「カーネーションの花のように堂々としなさい」と教える。

続いて心斎橋のカフェに糸子を誘い、本当によい服は夢や希望を与えると話し、

糸子は大きな影響を受ける。

しかし、またも女連れの春太郎(小泉孝太郎)を目にし、糸子は猛然とにらみつける。

帰り道では堂々と会釈する糸子を泰蔵(須賀貴匡)が驚いて見送る。

泰蔵役・須賀貴匡(すが たかまさ)の作品↓↓↓


出演者
尾野真千子,小林薫,麻生祐未,正司照枝,小泉孝太郎,財前直見,須賀貴匡,柳生みゆ
原作・脚本作渡辺あや

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 23話 あらすじ 須賀貴 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。