So-net無料ブログ作成
朝ドラ カーネーション 25話 あらすじ 國村隼 ブログトップ

朝ドラ カーネーション 25話 あらすじ 國村隼 [朝ドラ カーネーション 25話 あらすじ 國村隼]

連続テレビ小説 カーネーション(25)「私を見て」2011年10月31日(月) の放送内容
國村隼/萌の朱雀

黒田屋百貨店の火事で和服の女性が逃げ遅れたというニュースを聞いた糸子(尾野真千子)は、
心斎橋の百貨店に走ります。

店員の着物姿を確認し、支配人の花村(國村隼)に制服を作らせてほしいと直談判します。

自作のワンピースを見せる糸子だが花村は取り合いません。

だが、制服はデザインが大切という花村の言葉から、糸子はセンスのよい八重子(田丸麻紀)に相談します。

花村が、デザインが大切と言ったのは、多少、糸子を認めたからなんでしょうね。


そして糸子は一晩で10枚ものスタイル画を仕上げ、翌朝再び花村を訪ねると。

花村役・國村隼(くにむらじゅん)の作品↓↓

出演者
尾野真千子,小林薫,正司照枝,國村隼,濱田マリ,須賀貴匡,尾上寛之,田丸麻紀
原作・脚本作渡辺あや

関連記事>>朝ドラ カーネーション キャスト 國村 隼
ドラマ10 シリーズ


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 25話 あらすじ 國村隼 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。