So-net無料ブログ作成
朝ドラ カーネーション 26話 あらすじ 上杉祥 ブログトップ

朝ドラ カーネーション 26話 あらすじ 上杉祥三 [朝ドラ カーネーション 26話 あらすじ 上杉祥]

連続テレビ小説 カーネーション(26)「私を見て」2011年11月1日(火) の放送内容

支配人の花村(國村隼)に“ダメ出し”をされ、糸子(尾野真千子)は斬新なデパートの制服を考えようと悩む。

しかし八重子(田丸麻紀)は変わった服ではなく、「よい所に連れていってもらえそうな服」を考えるよう、アドバイスするのです。

履き物屋役の上杉祥三(うえすぎしょうぞう)はどこで、出るのでしょうか。「メール便(送料180円)対応商品」裸になって紅(kurenai)の夜 /上杉祥三/〈単行本〉【中古】afb

父親の善作(小林薫)からは、現物を作って店に行くように言われ、糸子は2日徹夜して縫い上げる。

作った制服は、家族には好評で善作は持って行くより糸子が着て行ったほうが、話が早くて面白いと言う。

★父親の善作さん、なかなか良いことを言いますねえ。すっかり、洋服にかぶれちゃったのかしら。
たしかに、制服を糸子が着ていった方が分りやすいです。
確か、糸子は、洋服を着ていくはずです。

上杉祥三(うえすぎしょうぞう)履物屋役の作品↓↓

出演者
尾野真千子,小林薫,麻生祐未,正司照枝,國村隼,田丸麻紀,上杉祥三,柳生みゆ
原作・脚本作渡辺あや

朝ドラ カーネーション 26話 あらすじ 上杉祥 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。