So-net無料ブログ作成
朝ドラ カーネーション 27話 あらすじ 宝田明 ブログトップ

朝ドラ カーネーション 27話 あらすじ 十朱幸代 [朝ドラ カーネーション 27話 あらすじ 宝田明]

連続テレビ小説 カーネーション(27)「私を見て」2011年11月2日(水) の放送内容

送料無料!!【DVD】夜汽車/十朱幸代 トアケ ユキヨ【smtb-TD】【saitama】【smtb-k】【w3】

制服の試作品を着てきた糸子(尾野真千子)に、花村(國村隼)は驚くが、店内に糸子を立たせ、採用を決めます。

すごいですね。とうとう一流百貨店から認められるなんて。

ただし正月セールに間に合うよう、一週間に20着を仕上げるという厳しい条件がつけられるのです。

こりゃやらなきゃだめですよね。もちろん、なにがなんでも。

家族は喜んで糸子を手伝うが、借りようとした桝谷パッチ店のミシンが、年末は使えないことが分かります。

糸子は神戸の松坂家(母方の実家)に行ってミシンをかけることにし、祖母の貞子(十朱幸代)たちは喜ぶが、
それを聞き善作(小林薫)は激怒します。

どうして、男って、意地っ張りなんでしょうね。さんざん借金をしたのに。


出演者
尾野真千子,小林薫,麻生祐未,正司照枝,宝田明,十朱幸代,國村隼,トミーズ雅,甲本雅裕,柳生みゆ
原作・脚本作渡辺あや

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 27話 あらすじ 宝田明 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。