So-net無料ブログ作成
朝ドラ カーネーション 29話 あらすじ 濱田マ ブログトップ

朝ドラ カーネーション 29話 あらすじ 濱田マリ [朝ドラ カーネーション 29話 あらすじ 濱田マ]

連続テレビ小説 カーネーション(29)「私を見て」2011年11月4日(金) の放送内容

《送料無料》濱田マリ/編む女(CD)
糸子(尾野真千子)は無事、期日に納品を間に合わせます。

やれやれ間に合ってよかったです。はらはらしましたねえ。

正月セールでそれを身に付けた店員を目にして感激します。

そうでしょうねえ。初めてまともな洋服を、しかも高級デパートの制服を作ったのですから。

糸子は手伝いの礼に訪れた安岡髪結い店で、奈津(栗山千明)に会い見合いの話を聞くが、
奈津が片思いしている泰蔵(須賀貴匡)のことを口にして怒らせてしまいます。

よく、奈津が出てきますが、糸子と後で何か深い係わり合いになるのでしょうか。

一方、制服の後に新しい仕事が入るでもなく、小原呉服店はますます左前になっていきます。

はて、どうしてでしょう。 そのうち、洋服の良さが分ってきて、注文が殺到するのは分っています。

しかも妹の静子(柳生みゆ)が、就職せず糸子を手伝いたいと言い始めるのです。

でも、大丈夫、注文はもうすぐ来ますからね。

髪結いの安岡玉枝役の濱田マリの作品↓↓↓


出演者出演尾野真千子,小林薫,栗山千明,濱田マリ,正司照枝,國村隼
原作・脚本作渡辺あや


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 29話 あらすじ 濱田マ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。