So-net無料ブログ作成
朝ドラ カーネーション 30話 あらすじ 尾野真 ブログトップ

朝ドラ カーネーション 30話 あらすじ 尾野真千子 [朝ドラ カーネーション 30話 あらすじ 尾野真]

連続テレビ小説 カーネーション(30)「私を見て」2011年11月5日(土) の放送内容

[1997年ビターズ・エンド]【VHS】萌の朱雀 [もえのすざく]●監督:河瀬直美//國村隼/尾野真千子...

糸子(尾野真千子)を手伝うことになった妹・静子(柳生みゆ)が取ってきた仕事は、一晩でパッチを100枚仕上げるという、とんでもないもの。

やはり、仕事は入りましたね。これからは、忙しくなりますよ。

引き受けた糸子に善作(小林薫)は激怒し、家族の手伝いを禁じる。

むちゃなことをする糸子に腹を立てるのでしょうね。

でも、むちゃをしなくちゃならない時はあるのです。

ハル(正司照枝)たちは隙を見て手伝おうとするが、うまくいきません。

しかし夜中に居眠りをする糸子に善作は焦り、結局、寝ないように見張ることになります。

結局、自分が一番手伝っているのですね。お父さんは、

早朝、なんとか仕上がったパッチを点検していた善作は、とんでもないことに気づき、大騒ぎになります。

うわあ、なんでしょう。またまた難題が降りかかります。

でも、それも克服するのです。


出演者
尾野真千子,小林薫,麻生祐未,正司照枝,尾上寛之,柳生みゆ
原作・脚本作渡辺あや

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 30話 あらすじ 尾野真 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。