So-net無料ブログ作成
朝ドラ カーネーション 31話 あらすじ 栗山千 ブログトップ

朝ドラ カーネーション 31話 あらすじ 栗山千明 [朝ドラ カーネーション 31話 あらすじ 栗山千]

連続テレビ小説 カーネーション(31)「乙女の真心」2011年11月7日(月)放送内容

送料無料!!【CD】CIRCUS/栗山千明 クリヤマ チアキ【smtb-TD】【saitama】【smtb-k】【w3】

糸子(尾野真千子)は小原「呉服店」で洋服作りを始め、妹の静子(柳生みゆ)が作ったチラシを配る。

それを見た吉田屋の芸ぎ・駒子(宮嶋麻衣)が糸子の初めての客となる。

これがきっとうまく行くのだろうと思われます。

別の店で作った洋服は失敗だったという駒子だが、糸子は体型や雰囲気に似合うデザインを考えて張り切る。

しかし生地代を善作(小林薫)から借りるのに一苦労する。

一方、奈津(栗山千明)は結婚を控え、糸子には絶対に洋服を作ってもらわないと言い張る。

こう言うからには、後に糸子に洋服を作ってもらうことになるのでしょうね。

奈津役・栗山千明の作品↓↓

出演者
尾野真千子,小林薫,麻生祐未,栗山千明,正司照枝,田丸麻紀,甲本雅裕,柳生みゆ,宮嶋麻衣
原作・脚本作渡辺あや

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 31話 あらすじ 栗山千 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。