So-net無料ブログ作成
朝ドラ カーネーション 32話 あらすじ 鍋島浩 ブログトップ

朝ドラ カーネーション 32話 あらすじ 鍋島浩 [朝ドラ カーネーション 32話 あらすじ 鍋島浩]

連続テレビ小説 カーネーション(32)「乙女の真心」
2011年11月8日(火) の放送内容

奈津(栗山千明)の父(鍋島浩)が倒れたと聞き、糸子(尾野真千子)はひそかに心配する。

奈津の父親役・鍋島浩の作品↓↓


一方、糸子が作った洋服の出来に喜んだ駒子(宮嶋麻衣)を説き伏せ、それを着て通りを歩かせ、大得意になる。
女性を美しく装わせる喜びを知って舞い上がった糸子は、代金を払おうとする駒子に、次でよいと受け取ろうとしなかった。
しかし善作(小林薫)に、洋服の代金はおろか借りた生地代も返せず、商売は慈善事業ではないと一喝される。

そりゃそうでしょう。借りた生地代も返さないなんて、間違ってますよね。

出演者
尾野真千子,小林薫,麻生祐未,濱田マリ,正司照枝,尾上寛之,田丸麻紀,柳生みゆ,宮嶋麻衣
原作・脚本作渡辺あや

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 32話 あらすじ 鍋島浩 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。