So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ カーネーション 33話 あらすじ  駿河 ブログトップ

朝ドラ カーネーション 33話 あらすじ  駿河太郎 [朝ドラ カーネーション 33話 あらすじ  駿河]

連続テレビ小説 カーネーション(33)「乙女の真心」2011年11月9日(水) の放送内容

善作(小林薫)は糸子(尾野真千子)の独立はまだ早いと、紳士服専門店へ修業に行かせます。

それは名案ですね。 

ところが、糸子(尾野真千子)は意地の悪い店主(団時朗)や同僚に苦労することになるのです。

しかし、ひとり川本勝(駿河太郎)という職人だけは、糸子に愛想がよいのです。

川本勝役・駿河太郎の作品
どうしてなのでしょう。 誰にでも、愛想が良いのではないのかな。 一方玉枝(濱田マリ)から、勘助(尾上寛之)の帰りが遅く、家に給料を入れなくなったと相談されます。 探るうちに糸子は、勘助がダンスホールに入り浸っていることを突き止めます。 目当ては美しい踊り子・サエ(黒谷友香)でした。 勘助も男だったのですね。 ダンスホールとは、当時としてはずい分ハイカラだったと思われます。
出演者 尾野真千子,小林薫,濱田マリ,正司照枝,黒谷友香,駿河太郎,須賀貴匡,尾上寛之,団時朗 原作・脚本作渡辺あや (ソース:NHK)

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 33話 あらすじ  駿河 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。