So-net無料ブログ作成
朝ドラ カーネーション 35話 あらすじ 黒谷友 ブログトップ

朝ドラ カーネーション 35話 あらすじ 黒谷友香 [朝ドラ カーネーション 35話 あらすじ 黒谷友]

連続テレビ小説 カーネーション(35)「乙女の真心」2011年11月11日(金)の放送内容

イブニングドレス作りに気が進まない糸子(尾野真千子)だったが、同僚の川本勝(駿河太郎)は、
これから踊り子たちが次々ドレスを作るはず、と励ます。

まず安い布で試作品を作った糸子は、朝起きてビックリ。

母の千代(麻生祐未)が試作品のドレスを着ていたのだ。

千代は優雅に踊ってみせ、直すところを指摘した。

すごい、あんなにおっとりお嬢様のお母さんがダンスができたのですね。

やはり、お金持ちだから、ダンスも習っていたのでしょうか。

仮縫いを何度も繰り返すはずだったが、サエ(黒谷友香)は、そのドレスに大喜びし、そのまま売るように糸子に迫るのです。

糸子はどうするのでしょう。

いずれにしても、同僚の川本勝(駿河太郎)が言うように、踊り子達が次々に注文に来ることになるでしょう。


出演者
尾野真千子,麻生祐未,十朱幸代,正司照枝,黒谷友香,団時朗,駿河太郎,柳生みゆ,甲本雅裕
原作・脚本作渡辺あや


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 35話 あらすじ 黒谷友 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。