So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ カーネーション 37話 あらすじ 須賀貴 ブログトップ

朝ドラ カーネーション 37話 あらすじ 須賀貴匡  [朝ドラ カーネーション 37話 あらすじ 須賀貴]

カーネーション(37)「移りゆく日々」2011年11月14日(月) の放送内容

奈津(栗山千明)の父が亡くなり、吉田屋は若おかみの奈津が支えることになります。

強がりの奈津に、糸子(尾野真千子)は、いらだちさえ覚えるのですが。

須賀貴匡/栗山千明/MAIL 完全版 Vol.1

一方、勝(駿河太郎)が予想したとおり、糸子が作るドレスは踊り子の間で評判になり、紳士服ロイヤルは大繁盛します。

もちろん、これは、みなさんの予想通りですね。

糸子は自宅でもミシンを踏む日々が続きます。

だが店主(団時朗)はドレスを見下していて、糸子は面白くない。

糸子はそろそろ独立するのでしょうか。

そんなある日、泰蔵(須賀貴匡)の幼い長男が迷子になり、奈津の前に現れます。

初恋のカレに会って、奈津はまた心が動くのでしょうか。

面白くなりますね。


出演者
尾野真千子,小林薫,栗山千明,濱田マリ,正司照枝,須賀貴匡,尾上寛之,田丸麻紀,柳生みゆ,団時朗
原作・脚本作渡辺あや
コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 37話 あらすじ 須賀貴 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。