So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ カーネーション 39話 あらすじ 中村美 ブログトップ

朝ドラ カーネーション 39話 あらすじ 中村美律子 [朝ドラ カーネーション 39話 あらすじ 中村美]

連続テレビ小説 カーネーション(39)「移りゆく日々」2011年11月16日(水) の放送内容

【送料無料】中村美律子 2008 全曲集

安岡髪結い店で糸子(尾野真千子)の前に現れた奈津(栗山千明)は元通りの気位の高さだったが、糸子は玉枝(濱田マリ)から奈津が涙した経緯を聞き、一安心する。

やたらと奈津のことが気になるようですが、やはりあとで、何か特別の関係になるのでしょうか。

やがて生地屋の「末松商店」に勤め始めた糸子だったが、仕事はセーラー服の縫製だった。

よく、すぐ仕事が見つかりますね。現在とは時代が違うのか、縫製の技術があるからなのか。

店を繁盛させねばと、糸子は店主(板尾創路)に談判し売り場に出るが、なかなか売り上げが伸びない。

そこに洋服を作りたいという客・長谷ヤス子(中村美律子)がやってくる。

さあどういう洋服を注文するのでしょうか。


出演者
尾野真千子,小林薫,麻生祐未,栗山千明,板尾創路,中村美律子,正司照枝,濱田マリ,尾上寛之,甲本雅裕,田丸麻紀
原作・脚本作渡辺あや


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 39話 あらすじ 中村美 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。