So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ カーネーション 40話 あらすじ 駿河太 ブログトップ

朝ドラ カーネーション 40話 あらすじ 駿河太郎 [朝ドラ カーネーション 40話 あらすじ 駿河太]

連続テレビ小説 カーネーション(40)「移りゆく日々」2011年11月17日(木) の放送内容

ある日、糸子(尾野真千子)が仕事から帰ると、千代(麻生祐未)が妙に浮かれている。【送料無料選択可!】ハイウェイ・バトル R×R 2 マキシマム・スピード / 邦画

意外にも紳士服店の職人・勝(駿河太郎)が訪ねてきていたのだ。

不思議がる糸子に勝は「顔を見にきた」と告げ、なぜか千代が照れる。

紳士服店の職人・勝は、糸子が紳士服店に就職したての頃から、糸子にあいそが良かった職人です。

その後も、色々相談乗ってくれたりして、多分、糸子に気があるのはわかっていましたから、訪ねてきても不思議ではありません。

でも、母の千代が何で、浮かれたり、照れたりするのでしょうね。

娘の彼氏だと思って、うれしいのでしょうか。ちょっと理解できませんが。

川本勝役・駿河太郎の作品↓↓↓


一方ヤス子(中村美律子)が洋服の出来に満足し、新たな客を連れて店に来るようになります。

そうでしょうねえ。これは予想がつきます。

糸子の生地選びと立体裁断のサービスは、たちまち評判になり、客は次々に増え、
店の縫い子たちまでが洋服を作りたがるようになるのです。

さあ、お父さんとの約束が果たせて、いよいよ独立できるのでしょうか。

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 40話 あらすじ 駿河太 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。