So-net無料ブログ作成
朝ドラ カーネーション 46話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ カーネーション 46話 あらすじ [朝ドラ カーネーション 46話 あらすじ]

連続テレビ小説 カーネーション(46)「果報者」2011年11月24日(木) の放送内容

糸子(尾野真千子)のもとに300坪のテントを一晩で縫うという大仕事が舞い込む。

あきれつつもハル(正司照枝)が手伝い、テントは完成するが、糸子はミシンを踏み過ぎて膝(ひざ)を痛めてしまう。

父方の祖母ハル役・正司照枝の作品>>【送料無料】[枚数限定][限定版]毎日かあさん《豪華愛蔵版》/小泉今日子[DVD]【返品種別A】【sm...

すごいなあ、膝をいためてしまうほどミシンを踏むなんて。今ならモーターでまわせるのにね。

医者の言いつけに背いて糸子は仕事を続け、看護師の制服作りまで思いつく。

仕事の鬼ですね。看護師の制服は名案ですが。

祝言の翌日が期日とあって祝言当日もミシンから離れず、花嫁なのに大遅刻してしまう。

うーん、仕事の方が大事なんですね。その気持ちよくわかります。

そんなに乗り気の縁談じゃないし、仕事は開業したばかりの大切な時期ですから、結婚式どころではないですよ。

しびれを切らして迎えに来た奈津(栗山千明)は目の前の光景に驚かされることになります。

そうでしょうね。色々なものが散らかっていることでしょう。

履物屋木岡役・上杉祥三の作品>>

出演者
尾野真千子,小林薫,麻生祐未,栗山千明,濱田マリ,須賀貴匡,尾上寛之,宝田明,十朱幸代,甲本雅裕,正司照枝,田丸麻紀,上杉祥三,駿河太郎
朝ドラ カーネーション 46話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。