So-net無料ブログ作成
朝ドラ カーネーション 48話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ カーネーション 48話 あらすじ [朝ドラ カーネーション 48話 あらすじ]

連続テレビ小説 カーネーション(48)「果報者」 2011年11月26日(土) の放送内容

糸子(尾野真千子)は勝(駿河太郎)と初めて話し合うことになった。
仕事が好きで、奥さんらしいことができないかもしれないと打ち明けた糸子に、勝は、
糸子の仕事をする姿にほれたのだから、思うように働けと言う。

今週のテーマ果報者の通り、本当に良いお婿さんに当たりましたね。

糸子はようやく結婚してよかったと思う。

2年後、店は「オハラ洋装店」と名前を変え、間もなく長女・優子を授かる。

善作(小林薫)が世話を買ってでる。母となり幸せいっぱいの糸子に、戦争の影が忍び寄っていた。

出演者
尾野真千子,小林薫,麻生祐未,正司照枝,駿河太郎,尾上寛之,柳生みゆ
原作・脚本作渡辺あや


関連記事>> 朝ドラ カーネーション キャスト 
朝ドラ カーネーション 48話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。