So-net無料ブログ作成
検索選択
朝ドラ カーネーション 49話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ カーネーション 49話 あらすじ [朝ドラ カーネーション 49話 あらすじ]

連続テレビ小説 カーネーション(49)「いつも想う」2011年11月28日(月) の放送内容

勘助(尾上寛之)に赤紙が来て、糸子(尾野真千子)らは盛大な壮行会を開いて送り出す。
うれしくないのに、そんなことをしなくちゃならない、悲しい時代でしたね。

しばらくして勘助から届いたハガキは、検閲の墨で塗り潰されており、嫌悪感を覚える糸子。

原作・脚本作渡辺あやの作品>>メゾン・ド・ヒミコ[DVD][期間限定出荷]

翌年には国家総動員法が施行され、戦時色が強まっていくが、洋装店は繁盛する一方だった。
戦時中だというのにどうしてそんなに繁盛したのでしょう。

昭和14年夏、2番目の子どもを妊娠中の糸子は、仕事中に立ちくらみを起こし、
心配する善作(小林薫)によって強制的に神戸の松坂家へ行かされることになる。

原作・脚本作渡辺あやの作品

出演者
尾野真千子,小林薫,麻生祐未,正司照枝,濱田マリ,駿河太郎,須賀貴匡,尾上寛之,甲本雅裕,田丸麻紀,上杉祥三,柳生みゆ
原作・脚本作渡辺あや
関連記事>> 朝ドラ カーネーション キャスト 

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 49話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。