So-net無料ブログ作成
朝ドラ カーネーション 50話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ カーネーション 50話 あらすじ [朝ドラ カーネーション 50話 あらすじ]

連続テレビ小説 カーネーション(50)「いつも想う」2011年11月29日(火) の放送内容

糸子(尾野真千子)が臨月を過ごすことになった松坂家では、家業の紡績工場が軍需品を作らざるを得なくなり
清三郎(宝田明)や貞子(十朱幸代)が苦慮していた。
宝田明関連>>★TV通販で話題沸騰★【送料無料】 AG ハズキルーペ ペアルーペ Hazuki (全3色) 拡大鏡ルーペ...
一方、店が気になる糸子は、こっそり抜け出して様子を見に戻るが、電車の中で陣痛が始まってしまう。

道中出会った、近所の電器屋の木之元(甲本雅裕)に助けられ自宅に担ぎ込まれるが、難産で苦しむ。
二人目なのに、どうして難産になるのでしょうか。不思議ですね。三人目はどうなるでしょう。
木之元役・甲本雅裕の作品

勝(駿河太郎)、善作(小林薫)、千代(麻生祐未)らが心配する中、次女の直子が誕生する。

関連記事>> 朝ドラ カーネーション キャスト 
出演者
尾野真千子,小林薫,麻生祐未,正司照枝,駿河太郎,濱田マリ,宝田明,十朱幸代,甲本雅裕,田丸麻紀
原作・脚本作渡辺あや


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 50話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。