So-net無料ブログ作成
朝ドラ カーネーション 51話 あらすじ  ブログトップ

朝ドラ カーネーション 51話 あらすじ 上杉祥三 [朝ドラ カーネーション 51話 あらすじ ]

連続テレビ小説 カーネーション(51)「いつも想う」2011年11月30日(水) の放送内容

昭和15年秋、いよいよ統制が厳しくなり、糸子(尾野真千子)の洋装店も金額に上限が設けられてしまう。
しかし糸子は、もうけを度外視してオシャレな服を作り、代金の代わりに野菜などの食料をもらうことが増えていく。

さすが、糸子ですね。それが後ほど役に立つのでしょう。

近所の履物屋役・上杉祥三の作品>>「メール便(送料180円)対応商品」裸になって紅(kurenai)の夜 /上杉祥三/〈単行本〉【中古】afb

問題は、やんちゃな次女・直子で、預け先の手を焼かせて断わられてしまう。
あはは、やんちゃな次女はきっと、頭角を現すでしょう。

仕事が、はかどらない糸子を善作(小林薫)が呼び出し、困っている問屋から販売禁止のぜいたくな生地を買い取ってやれという話をする。きっとそれも有効活用するのですよ。

近所の履物屋役・上杉祥三の作品>>

出演者
尾野真千子,小林薫,正司照枝,駿河太郎,柳生みゆ,上杉祥三
原作・脚本作渡辺あや

関連サイト>>朝ドラ キャスト
朝ドラ カーネーション 51話 あらすじ  ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。