So-net無料ブログ作成
朝ドラ カーネーション 53話 あらすじ 尾野真 ブログトップ

朝ドラ カーネーション 53話 あらすじ 尾野真千子 [朝ドラ カーネーション 53話 あらすじ 尾野真]

カーネーション(53)「いつも想う」2011年12月2日(金)の放送内容

糸子(尾野真千子)と勝(駿河太郎)は、直子を勝の弟夫婦に預けることになる。

よく引き受けてくれましたね。 勝さんと同じで、良い人たちなんでしょう。

糸子役・尾野真千子の作品
【送料無料】クライマーズ・ハイ

後ろ髪を引かれる思いで店に戻った2人だが、直子が気になってしかたがなくなり、ついに夜通し歩いて様子を見に行く。
しかし、ようやく慣れたところだからと弟に諭され思い直す。

そうですよ。せっかく良い人たちに預けられて慣れたところなのですから、そっとしておくべきです。
本当に良い弟さんです。

それからの糸子は懸命に仕事をし、年末までに大量の布を使い切り、ようやっと大みそかに直子を迎えに行く。

正月、オハラ洋装店の服で着飾った女性であふれる神社で糸子は喜びをかみしめるのです。
今は着物で神社にいくのが、おしゃれなのに、当時は洋服がおしゃれだったのですね。
糸子役・尾野真千子の作品
【送料無料】心中天使

出演者
尾野真千子,小林薫,正司照枝,駿河太郎,柳生みゆ
原作・脚本作渡辺あや
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 53話 あらすじ 尾野真 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。