So-net無料ブログ作成
朝ドラ カーネーション 60話 あらすじ ブログトップ

朝ドラ カーネーション 60話 あらすじ [朝ドラ カーネーション 60話 あらすじ]

連続テレビ小説 カーネーション 60話 「秘密」 2011年12月10日(土) の放送内容

父の善作(小林薫)は娘婿の勝(駿河太郎)の連隊を訪ねたが会うことはできない。

糸子(尾野真千子)はお歳暮として、近所に野菜を配るが、勘助(尾上寛之)と会ってはいけないと言われた
安岡家にもそっと配る。

そんな折、勝が日本を離れたことを知って、不安に思う糸子。

間もなく、国防婦人会の澤田(三島ゆり子)たちやってくる。
そして、勝のミシンを資源として供出するように糸子に迫る。
国防婦人会の澤田役・三島ゆり子の作品

[1968年東映]【VHS】徳川女系図●監督:石井輝男//吉田輝雄/三島ゆり子 【中古】(ビデオ)【02...
その上、勝の無事を祈るな、死んで国の役に立つようにと言う。
その言葉に糸子は激怒し、その夜は隣にいない勝を愛しく思う。

しかし階下では善作に大変なことが起きていた。
さて、大変なこととは?

出演者
尾野真千子,小林薫,麻生祐未,甲本雅裕,正司照枝,駿河太郎,柳生みゆ
原作・脚本作渡辺あや

コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
朝ドラ カーネーション 60話 あらすじ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。